スポンサーリンク

知らないと損をする!携帯に便利で衛生的「紙せっけん」

お取り寄せ
Pocket

緊急事態宣言が一部解除になりましたね。

うれしいようなちょっと複雑なような・・・。もう大丈夫?まだちょっと心配。

今回は手洗いにかかせない、せっけんのお話。

中でも携帯にとっても便利な昔懐かしい「紙せっけん」を紹介します。

紙せっけんとは?

名前の通り、紙のように薄い石鹸のことです。

昔は駄菓子屋さんなんかにありました(なぜ駄菓子屋だったのかは謎ですが)

コロナ対策として「手洗い、うがい」今は常識になりつつありますが、仕事先や出先では大きなハンドソープや石鹸を持ち歩くわけにもいかず、いつも石鹸が置いてある環境があるとは限りません。

今、せっけん置いてる共有の洗面所ってないと思うし(うん、ないはず)

紙せっけんなら1回使い切りなので自分以外は使えない利点もあります。

さらにお友だちに1枚分けてもあげられますね、もらったらちょっとうれしいかも💕

amazon.co.jpより

こんなに便利で衛生的!紙せっけん

シンプルだけど使いやすい。お値段も控えめです。
緑茶成分入りでほんのり緑茶の香りがします。
安心の返金保証もあります。
昔からあるmade in Japanです。
筆者が今回購入したものです。はちみつの香り。届くのがたのしみ💕

お値段、お手頃からちょっと高めまでありますがコロナは石けんに弱いらしいのでこれでこまめに手を洗えますね!

香りで選ぶ?便利さで選ぶ?

好きな大きさにカットして使えるタイプもあります。 香りで選ぶのも楽しい。

こまめに手洗いしたあとはこまめにケアを。

最近はどこの店でもアルコールで手を消毒してから入店します。

手がめっちゃ荒れて困ってる方いらっしゃいませんか?

さらにゴム手袋を装着なんてことで手の水分が奪われて爪が「2枚爪」になってる方も多くいます。

爪と皮膚を保護してくれるスグレモノが👇にあります。

爪のプロが製造したクリームです。 化粧品メーカーのクリーム。

意外と知られていませんが洗顔も大事。

手洗いのほかにこまめな洗顔もコロナ対策の1つとしてあげられています。

人は結構な頻度で顔を触るものです、これはクセであったり乾燥で肌がかゆくなったり、まぁ原因はいろいろありますが気づかぬうちに無意識に顔を触ってしまいます。

コロナ感染の1つに粘膜に付着して感染と言うのがありますので目や鼻はなるべく触らないにこしたことはありませんが、手洗いのついでに「洗顔」をすると言うのも一手だはないでしょうか?

女性の場合はお化粧なさってる方がほとんどだと思いますのでメイクの上から拭けるシートを利用するのもいいですね。

私はマスクを常時しているので今は化粧していませんが、化粧せずに出勤や外出というのは裸になるより(*ノωノ)!と言う方も多々いらっしゃいますので・・・。

ただ「殺菌効果」はないと思います。

これからの季節にもぴったりですね。

スプレータイプもおすすめです。私は花粉症があるので花粉をブロックするスプレーを常時使っています。

(夏でも花粉症なんです、泣けます😥)

目に見えないから目に見えないもので対策(ぇ)

こちらはまだ使ったことがありませんが、花粉ブロックの方は花粉皮膚炎になることがなくなりましたので効果はあったようで感謝しています。

今日のしめくくり

今度のブログは何を書こうとチラチラ眺めていると昔懐かしい紙せっけんを見つけて「おー!これだ!これ!」と取り急ぎ記事にしました。

もしかしたら100均なんかにも紙せっけんあるかも知れませんが、商品は選ぶ時代で誰もが安心して使えるものをと考えたら、やっぱり国内産であったり昔からあるメーカー品をチョイスするべきではないかと思い、アマゾンさんから掲載をさせていただきました。

私も職場にいくときは大きなポーチに

「花粉ブロックスプレー」「はみがきセット」「化粧水」「ハンドクリーム」「ウェットティッシュ」「殺菌用ウェットティッシュ」・・・・・

パンパンです!ハイ、いつもチャックしまらなくてモヤモヤしてます(笑)

(笑うとこじゃありません!)

手を洗うハンドソープはありがたいことに職場にあり、アルコールも職場で使わせていただいていますが、個人的にはハンドソープのポンプさえ最近押すことをためらってしまっていたので、今回の紙せっけんはまさしく「神せっけん」になると思います。

いや、誰かが汚いとかそういう問題でなく、もともと人の手作りの料理とか食べられないし、回し飲みも無理、相方と言えど愛があっても箸と洗濯は別々な困ったクセがあるんです。部屋がちらかってるのは気にならないんですがね^w^

コロナが収束しても「あたらしい日常」がやってきます。

もとからこうすべきだった、自粛でやってたことが日常になることもあります。

一緒にともにいろいろ考えながら、基本は自分の身は自分で守り相手も思いやる気持ちを忘れずに生活していきたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました