スポンサーリンク

新型コロナウイルス~スーパーマーケットの現状~

おしらせ
Pocket

このウイルスが判明してはや2か月あまり、現在日本は大変なことになっています。

医療機関でお勤めの方はいつ感染するかわからない危険なリスクを背負って戦っていらっしゃると思います。

私はスーパー勤務で全く関係ないように見えるかもしれません。

でもいつ、どこで誰がどういう風に何をやって・・・感染するか詳細がわからないのが一番怖いのです。

今日は実際うちのスーパー内でのコロナウイルスに対しての対策や現状をお伝えしたいと思います。

見えない恐怖

見出し通りです。

誰が保菌者かわからないけれどご来店頂いたお客さまへの接客は怠ることはできません。

それはお客さまとて同じことではありますが・・・。

特にご年配の方、特に男性の方や外国人の方はマスクをしていない方が多いのです。

でも、言えない😥レジに並ばれて平気でくしゃみや咳込む方が多いのです。

少しでも嫌な顔をすれば100%クレームになります(それでも嫌な顔になってしまうのは仕方ないですよね)

もう恐怖しかありません、申し訳ないけどエタノールで空気消毒しちゃいます。

マスクで感染は防げないと言われてますが自分が他人を感染させるリスクは減ると思うのです。

そしてそのマスクですが本当にどこの店でもありません。

ないと言うか1日たまに少し入荷することはありますが、朝全部出してしまえば夕方に買い物に来られる方に当たる可能性は0になってしまうので、うちの場合ですが朝、昼、夕方と少しずつ小分けで出すようにしていると担当の方がおっしゃってました。必要なのはどの方も同じなので少しでも不公平をなくすためです。

当然ですが従業員が裏で買い占めてるなんてことは絶対にありません。(私の店では・・・ということです)

従業員の買い物規定に関してはことのほか厳しい規則があるのです。

そのマスクを持ってレジまで行けば絶対お客さまに見られてしまいます。

レジを通して他の従業員にレジを打ってもらわなければ買い物はできないので不可能なのです。

従業員に関しては消耗品として製造部門が使っているマスクを支給されています。

よその店はわかりませんがうちの店は2月の終わりから全員マスク着用で勤務することになりました。

本来なら休憩や時間ごとにマスクを交換した方がいいのかも知れませんがそこまでの余裕は到底ありません。

ない人は支給のマスクで1人1日1枚でやってます。

私は幸いなことに1月くらいから花粉症の症状が出るため12月にはマスクをある程度購入してストックしていましたので今は自分の購入分でしのぐことができています。

私たちがマスクをするのは自己防衛のためではありません。

私たちも感染しているリスクがあり、私たちからお客さまへの感染リスクを減らすためです。

表情が見えない、何を言ってるかわからない、今それ1番大事なものですか?

そう未だにこのクレーム突然やってきます。もう戸惑うしかありません。

マスクが売り場に通常通り並んで、必要なお客さまに行き渡るようになるのにあとどれくらいかかるのでしょうか?買占めや転売は建前上禁止になりましたが、それでも売る側はすり抜けて売り続けるでしょう。

買う人がいる限り。

マスクに関しては海外で製造されているものが圧倒的なのでそれも品薄になる一端ではないでしょうかね。

最後にもう1回だけ。

マスクはありません、何度言われてもいつ入ってくるかさえわかりません。

どこのお店も同じです。

品薄で買えないお客さまの言いようのない文句、何度書いても入荷しないのかと言うお訊ねは減らない。

私たちもいつ感染するかわからない、目に見えるものではないので見えない恐怖との闘いでもあります。

スーパーマーケットの現状

感染者がスーパー従業員から出たらその日から休業になると思います。

実際に日本の何店舗かのスーパーは休業になっています。

私のような慢性疾患のある人間は日々、感染に怯え仕事をしています。

ご存じかもしれませんがスーパーは万年、人手不足でもありますので限られた人間で無理やりシフトをやり繰りしているのが現状です。

要するに簡単に休むことができません。

微熱くらいじゃ休む理由にもならず(もちろん今は休むように言われますが)押して職場に出ることも多々あります。仕事というのはそういうものだと私たちの年代は教わってきてますので私以外の同年代の方なんかも同じ考えだと思います。

結局こういう考えだから蔓延してしまうのだろうと言うのはわかります。

ちなみに今日は日曜日でした。

すごい数のお客さまでうちの店は中規模ですがあふれかえっていました。

買いだめをなさるお客さまも増えているのでレジはずっと何時間も混み続けます。

混雑してる、風通しは全くない、乾燥しまくってるで1人でも保菌者がいれば絶対感染するだろうなと思いました。スーパーとて安心できる場所ではありません。むしろ混雑すれば危険になると思います。

外食を自粛しているので食料品を買い求め、ご自宅で召し上がるお客さまが多いのでしょう。

今むやみに外出するのは得策ではないと言われていますがご年配の方や一部の親は全く関係ないようで

こんな危険地域に平気でマスクなし、子どもさんを連れてくるのです。

子どもは感染しても軽症だからって大きな声で言ってた親御さんがいらっしゃいましたが

本気で言ってるのか・・・と耳を疑いました。

年配の方でも毎日歩いて身体を鍛えているので大丈夫だと言うお客さまいらっしゃいましたが

気は確かですか?とこれまた耳を疑いました。

市内で感染者がでて隣町でも感染者が出ているのに、この発言ってどうとらえればいいのかわかりません。

こんなお客さまもいるのが今のスーパーの現状です。

どうかお願いします。

私たち従業員の願いは本当に小さなものです。

①発熱してたら店には来ないでください。

②マスクは必ずしてください。

③そして品切れになってるものはいくら言われてもないのであきらめてください。

国もWHOもあてにはできませんよね?信頼もできずあてにもできず頼るのは自分と家族だけだと言うことにそろそろ気づくべきかと思います。

最初の頃に言ってた1~2週間で本当にこの騒動は治まると思いますか?

私は長期化すると思います、おそらくどこかでワクチンができて治療薬ができるまでは治まることはないと思っています。煽るわけではありません。

お互いに最大限の気配りと思いやりを持って分け合い暮らしていくことが大切です。

私たちも食の安全も守りたいし、お客さまにご不便をおかけしたくないのでできうる予防策はおそらく気が利かない政府よりもやっています。

なのでお客さまもこの小さな願いを聞き届けてくださいますよう心からお願い申し上げます。

今日のしめくくり

年端もいかない小さなお子さまが小さなマスクをしてお店に来られます。付けさせる親御さんも本当に大変だと思います。もちろん一番いいのは連れてこないことですがお留守番ができる年ごろでない場合はどうしても連れてこなければ買い物もままなりませんよね。

学校も休校になり外にも思うように出られない子どもさんを持つ親御さんも本当に大変だと思います。

こんな負の財産を未来の子どもたちに押し付けないように大人が知恵を絞って1日も早い収束を迎えられますように。

今日こそは・・・とブログを書き始めましたが結局このタイトルになってしまいました。

残している課題は後日また改めて書きたいと思います。スイマセン(__)

コメント

タイトルとURLをコピーしました